どんちゃんのひまつぶし

新卒プログラマーが何かを残すブログ

Zenfone3にAll in one Zipを使わずにTWRPを導入する方法

f:id:d0nchan:20180124154247j:plain
昨日のカスタムROMまとめに続き、今日もAndroidカスタムの話題です。
今回はカスタムROMをインストールする下準備として、Zenfone3にTWRPを導入します。
他のブログなどを見ると「All in one Zip」という便利ツールを使われる方が多いですが今回はそれを使わずに行っていきます。
ここから先の作業は自己責任です。何があっても責任は取れません。また、ブートループに陥ったので最後にその解決策も書いてます。

なぜ使わないの?

All in one Zipの最終更新が2016年9月30日なので含まれるツール*1が古い。というのが主な理由です。

ダウンロードするもの

ブートローダーをアンロック

Zenfone3に関しては、公式でブートローダーのアンロックがサポートされています。
f:id:d0nchan:20180124135217j:plain:w200
上記リンクから「UnlockTool_20180117(Andriod N)」をDLし、端末にコピーします*3

f:id:d0nchan:20180124135401j:plain:w200
これをタップしてインストールします。
f:id:d0nchan:20180124135444j:plain:w200
インストールして開くと、注意事項が表示されます。しっかり読んで「同意する」を押す。
f:id:d0nchan:20180124135617j:plain:w200
一度アンロックすると公式にはサポートを受けることができなくなるので注意。
また、端末のデータは完全に初期化されるので事前にバックアップを取っておきましょう。
同意できれば「押してデバイスのロック解除を行う」をタップ。
f:id:d0nchan:20180124140213j:plain:w200
このような表示が出てもOKで大丈夫です。
f:id:d0nchan:20180124140602j:plain:w200
処理は自動的に進行し、数分で初期化が完了します。

TWRPのインストール

事前に

  • ADBコマンドを実行できる環境
  • 開発者オプションから「USBデバッグ」をオンにする

上記でDLした「twrp-3.1.1-0-Z017-20171023.img」のあるフォルダでコマンドプロンプトを開き、端末を接続した状態で以下のコマンドを実行していく。

adb reboot bootloader
fastboot flash recovery 〇〇〇.img

※○○○にはDLしたTWRPのファイル名が入ります。*4
f:id:d0nchan:20180124144416j:plain:w400
ここまでこんな感じになっていれば導入完了です。

ブートループ発生

TWRPの導入は完了しましたが、一度元のOSを起動しようとしたところ「EIO mode」しか立ち上がらなくなり、OSの起動ができなくなりました。
f:id:d0nchan:20180124150746j:plain:w200f:id:d0nchan:20180124150816j:plain:w200
この状態でボリュームボタンを押すとリカバリーモードに入ることができたのでViperOSをインストールすることで解決しました。

純正ROMでの起動は諦めましたが、純正ROM脱却のためのTWRP導入なので結果オーライ。

質問やご指摘などあれば、コメントや、Twitterにお申し付けください。

*1:Unlock App + Driver + ADB+Fastboot + TWRP + SuperSU.zip

*2:お持ちの端末に合わせてDL

*3:端末から直接DLしてもOK

*4:fastboot flash recovery 入力後にファイルをD&DしてもOK