どんちゃんのひまつぶし

4月からSEとして働く大学生が暇つぶしに旅行グルメガジェットなどについて書くブログ

Base Ball Bearと僕

f:id:d0nchan:20171130020755j:plain
今回は非常に私事な内容です(笑)
昨日、「Tour 光源」も終盤に迎えたBase Ball Bearの大阪公演に参戦してきました。
高校1年生の時に、ニコ生「ザ・生ノンフィクション25時 2011秋」というベボベ結成10周年記念番組でファンになりました。
それ以降ずっと僕の人生と切り離せないものとなったので、ベボベと僕を勝手に振り返ろうと思います。

2011年(ベボベとの出会い)

自分の部屋を手に入れた高校1年生の秋。その時ユルユルな部活に入っていて暇を持て余す僕はiPod touchでニコ動を見るのにハマっていました。
当時はボーカロイド曲しか聞いていなかったので、高校生らしく好きなロックバンドでも作ろう!そんな不純な動機でした。
たまたまニコ生のトップページに「ザ・生ノンフィクション25時 2011秋」という目を引くタイトルが表れ、Base Ball Bear10周年という文字が見えたので、「これはいい機会や」と思いロードボタンをタップ。
これがベボベにハマるきっかけである。
ちなみに、中学時代にラジオでSCHOOL OF LOCK!のリスナーだったので当時火曜日レギュラーだったベボベの存在そのものは知っていました。

この年のリリース
・yoakemae
・short hair
・Tabibito In The Dark/スローモーションをもう一度 part.2
・アルバム『新呼吸』

2012年(ベボベから広がった)

高校2年生になる。高2と言えば17歳。ここぞとばかりにアルバム『十七歳』を聴きました。
また、ベボベがタイアップした「図書館戦争(アニメ)」をYouTube*1で見始める。
そして劇場版「図書館戦争」鑑賞。主題歌「初恋」にちなんでか、初彼女ができた*2
ボーカル小出の影響で東京女子流に一瞬ハマる。

この年のリリース
・ミニアルバム『初恋』

2013年(野球とベボベ)

高校3年生。そうです受験生です。あまりラジオやテレビは観れてませんが、CDは買ってました。
また、初のフルアルバム『バンドBのベスト』のリリースもこの年。「PERFECT BLUE」と一緒に買いました。
そして忘れられないのがプロ野球日本シリーズ。創設時からの楽天ファンである僕は日本シリーズ制するイーグルスに感動と元気を貰いました。
その時にコナミドリームナインというゲームアプリのCMソングに起用されていたのが「ファンファーレがきこえる」でした。
僕の応援ソングです。
www.youtube.com
また、高校の友達に布教しまくってたのもこの時期でしたね。

この年のリリース
・PERFECT BLUE
・ファンファーレがきこえる/senkou_hanabi
・ベストアルバム『バンドBのベスト』
・ミニアルバム『THE CUT』

2014年(初のライブ参戦)

僕は晴れて大学生になりました。10代終了が見えてきます。
10代のうちにライブを…ということでツアー『光蘚*3』に参戦。これが僕の生ライブデビューです。
CDの向こう側が目の前にいる特別感と、この場にいる人みんなベボベ好きという環境で生演奏/歌に暴れました(笑)
なお、この時、ベボベLOCKS!の終了を知りショックを受ける。
その半年後にもツアー『二十九歳』に参戦。

この年のリリース
・愛はおしゃれじゃない*4
・アルバム『二十九歳』

2015年(ベボベ倦怠期)

なぜかこの年からベボベを聴かなくなる。
今思えば、ベボベの方向性がこの辺から変わった気がする。
もしくは、大学生活が忙しく、ベボベLOCKSも終わってしまったため情報収集ができていなかったのが大きいかと。

この年のリリース
・「それって、for 誰?」part.1
・文化祭の夜
・不思議な夜
・アルバム『C2』

2016年(ギター湯浅の脱退)

大学3年生。10代に別れを告げました。
しかし、僕の10代よりも大きな別れがベボベにはありました。それはギター湯浅の脱退
突如消息不明になり、とても心配しました。そのままベボベは3人になります。
その後の消息はこちらにも書いてます。
www.d0nchan.com
ダンス湯浅将平をもう見れない。が、もし湯浅にとってそれが心の負担になっていたのなら、無理強いはできないなぁとも思った。
なお、以降はサポートメンバーを迎え入れながらの活動。むしろそれはそれで面白かったりする。笑

この年のリリース
・リニューアル版ベストアルバム『増補改訂完全版「バンドBのベスト」』

2017年(就活とベボベ)

大学4年生。就職活動が始まる。
その時の僕の応援ソングになったのが先述した「ファンファーレがきこえる」だ。
面接に行く前なんかはループして必ず聴いていました。
「3分後の世界を変えたいと思わないかい」良い歌詞だ。
www.d0nchan.com

この年のリリース
・アルバム『光源』

2018年(帰ってきた)

社会人一歩手前。
高校2年生なんてガキンチョですよハハハ!
久しぶりにライブ参戦しました。とは言いつつ2017年はPerfumeとかモンバスとか初音ミクとか行きましたけどね。
結局ベボベに帰ってきました。この機会逃すと大阪*5でベボベ見れないでしょうし。
東京の拠点に2014年に買ったグッズを持って行ってしまったので全部買い揃えました。

f:id:d0nchan:20180107011900j:plain
7,400円💰
シャツとタオルは絶対買ってますね。
f:id:d0nchan:20180107012138j:plain
パッチンバンド。これもないと始まらない。
入場列に並んでいる間にTwitterで「ベボベ」でエゴサかけていたら知らない間にTwitterでお友達ができ、そのまま合致し一緒にワーワーやってました。
一回り近く?年上の方でしたが、非常に話しやすい方で何かと共通点が多かったのに驚きました。
肝心のライブの様子ですが、LOVE MATHEMATICSで押しつぶされた光蘚に比べるとかなり大人しかったですね。
それでも、盛り上がるところは盛り上がりますし、これが30代になったBase Ball Bearの新しい形なのかもしれません。
今回のセットリストはこちらです。
blog.livedoor.jp
「恋する感覚」は弓木さんがサポートに入っているからこそできる曲やなぁと思いました。

まだまだ進むベボベ。この一年でかなりのライブを消化したので、今年は楽曲制作に注力するのかもしれないですね。
今年はベボベだけじゃなく他のライブも行ってみたいと思います。

*1:公式の無料配信期間でした

*2:とっくに別れました

*3:「ひかりごけ」と読みます

*4:「岡村靖幸 w 小出祐介」としてリリース

*5:今回はなんばHatch