どんちゃんのひまつぶし

新卒プログラマーが何かを残すブログ

PythonでbitFlyerのAPIを使えた!

f:id:d0nchan:20180217024747j:plain
久しぶりのプログラミングの記事です。
内定者同期の誘いでPythonを勉強することになったので、まず手始めにビットフライヤーのAPIの取得をしました。

環境

  • Windows10
  • Python 3.6.4

です。
あらかじめPythonがインストール済み、bitFlyerの口座があるという前提で解説します。

①APIキーの取得

bitFlyerLightningを開きます。
f:id:d0nchan:20180216180938j:plain:w500
サイドのメニューからAPIをクリック
f:id:d0nchan:20180216181217j:plain:w500
APIにどれだけの権限を与えるか選択。
今回は取得だけなので不要なものは外しています。
f:id:d0nchan:20180216181347j:plain:w500
すると、APIキーとAPIシークレットを取得できます。これを後で使います。
f:id:d0nchan:20180217022537j:plain:w500

②pybitFlyerをインストール

pip install pybitflyer

をコマンドプロンプトで実行し、PythonでbitFlyerのAPIを使えるライブラリをインストール

③コードを書く

エディタで

import pybitflyer

api = pybitflyer.API(api_key="APIキー" ,api_secret="先ほど取得したAPIシークレット")

while True:
    print(api.ticker(product_code = "BTC_JPY"))

を記述し保存。拡張子はもちろん".py"

④実行

コマンドプロンプトで

python 

を入力し、エンターを押さずに先ほど作成した.pyファイルをドラッグ&ドロップ
するとこんな感じでそれっぽい画面が出ます。
f:id:d0nchan:20180217024205j:plain:w700
記念すべき人生初API取得です!👏

今回は取得しただけです。
これをどう活かしていくかはこれから考えていきます。

  • 参考にしたページ

pybitflyer をつかって Python で ビットコインレートを取得してみた | Futurismo
bitFlyer LightningのAPIをPythonから使えるパッケージ「pybitflyer」を作りました - おおかみ山