どんちゃんのひまつぶし

新卒プログラマーが何かを残すブログ

【アメリカ旅行に向けて】ESTAの申請をしてみました

f:id:d0nchan:20180207022112j:plain
先日、ようやくパスポートを取得しました。海外に行くにはパスポートが必須というのはなんとなくわかっていたのですが、旅行会社の方から、「アメリカの場合はエスタの申請もお願いします」と言われました。
「えすたってなんぞ?」ということで、旅行会社のお姉さんにも説明を受けましたが改めてまとめながら申請したいと思います。

ESTAとは

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。
ESTA(エスタ)申請 | 在日米国大使館・領事館

ざっとまとめると、

  • 90日以下の滞在で必要
  • 費用は14ドル(1,500円ぐらい)
  • 有効期限は2年(パスポートが切れると要再申請)
  • 支払いはクレジットカードかPayPalのみ

といったところ。
条件は揃ってるのでさっそく申請してみましょう。

申請してみる

②新規の申請ボタンを押す

f:id:d0nchan:20180207012200j:plain:w400

③申請方法を選択

下にスーッと動くので、複数人分まとめるのか、個人で申請するかを選択
f:id:d0nchan:20180207012411j:plain:w400

④セキュリティに関する通告に承諾

なかなか仰々しい(?)文言が表れます。目を通して「確認&続行」

⑤表示されるページに合わせて進めていく

書くのが面倒になったわけではない
※日本語不可です。全て英語での入力です。

⑥支払い手続きへ

f:id:d0nchan:20180207020939j:plain:w400
完了したら支払いへ移ります。
僕はPayPalで支払いました。これにて申請完了。あとはこれが通るか待つだけです。
f:id:d0nchan:20180207021421j:plain:w400

パスポートの見方

パスポートの情報を転記する必要があるのですが、こちらを参考にするとわかりやすいです。
パスポート

怪しい代行サービスに注意!

ぐぐれば腐るほど情報が出てきますが、大半が旅行代理店などの記事が多いですね。
これはESTAの取得代行サービス(ほとんどが有料)のPRも兼ねています。中には悪質なものもある、とH.I.Sのお姉さんが言っていました。

小言

思いのほか面倒でしたね。深夜にするんじゃなかった(執筆時2時)
SNSのアカウントを聞く項目があったが何に使われるんだろう…空欄にしたが…。

参考ページ

ESTA電子渡航認証システムについてのよくある質問 | 在日米国大使館・領事館