どんちゃんのひまつぶし

新卒3年目プログラマーの生きた証

今週のお題「外のことがわからない」

f:id:d0nchan:20200610220830p:plain

今週のお題「外のことがわからない」

さっき、スマホのLINE家計簿をつけていたら、地元関西に住む、旧い友人FからLINE通話がかかってきた。

昔から、唐突に電話をかけてくることがよくあり、今日も「またか」と内心思いながら出る。

しかし、今回は少し違ったよう。

今度、会社の先輩に紹介された女性とデートに行くことになったから、どこに行けばいいのか相談したいそうだ。

なぜ東京に住む僕に聞くのか(笑)

一応これでも数か月前まで彼女がいたからだと思う。

「アウトレットモールにお買い物とかどう?」と提案してみた。 ※ちなみに僕はアウトレットデートなんてしたことがなかったのでしたかったことを言っただけ。

彼女は、家の近くにアウトレットがあって、つまらないと言っていたそう。

前に何を話したか、彼女の好みも覚えてないらしい。

うん、がんばれ(笑)

そう言って、世間話に移った。


という前置き(長い)

友人Fは、僕が知る限り、長年恋人がいない。今の彼は、半年前の僕と同じ境遇だ。

一方で、恋人を作る雰囲気がなかった彼は、人生を前に進めるために努力している。少なくとも僕よりは。


友人Aとは中高も同じ。

高校の時の同級生に子供が生まれた、という話も聞いた。

そうだよな、もう25の歳だもんな。

まだ25やんか、って思う人もいると思うけど、ここから異性と恋人関係になるぐらい仲良くなって、恋人になり、婚約し、子供を持ち、家を持つ(かどうかはわからないけど)、という僕に無意識に刷り込まれた人生設計を果たそうと思うと、もうあまり時間がないんじゃないか、と焦りが出る。

「いい人がいれば結婚したい」って思うしよく聞くけど、”いい人”ってなんだろうな。

直感的に、いい人だ!と運命を感じるときはたいてい運命に引き裂かれてきた僕の人生。

仮に10年後に誰かと家庭を築いているとして、それは、これまでに生きてきた25年間で出会った人なのか、今後の10年で出会う今から見れば外の人なのか。

コロナが収まって活動できるようになったら、外のことがわかるようになるかな。教えてくれ神様。