どんちゃんのひまつぶし

新卒プログラマーが旅行グルメガジェットなどについて書くブログ

NY旅行その3(近代美術館へ!)

f:id:d0nchan:20180224123535j:plain
NY滞在4日目。
街中では絶えず車のクラクションが鳴る環境に慣れてきました。絶対運転はしたくないです。笑
昨日は、MoMAこと、近代美術館に行ってきました!
初めての美術館。少しドキドキ。

チケット

エントランスを入ると、自動券売機と有人のチケット売り場があります。
自動券売機は各言語に対応。もちろん日本語もおk。
f:id:d0nchan:20180224123951j:plain:w500
入館料は

  • 大人…25ドル
  • 子供(16歳以下)…無料
  • 学生(要学生証)…14ドル
  • シニア(65歳以上で要年齢確認)
学割は日本の学生証でも良い?

学割証には、国際的に効力のある国際学生証というものがあります。
それを見せて学割を受けることができますが、未発行の友人は日本の学生証でも学割価格で購入できていました。
発行代金として1750円かかるので、ダメもとで聞いてみるのも良いかもしれませんね。

荷物を預ける

チケットを発行し、さっそく入館しようとしたらスタッフに「荷物、上着を預けて来い」と言われました。
エントランスから荷物預り所に入れます。
f:id:d0nchan:20180224124628j:plain:w500
ポーチなどの小さめな入れ物は持ち込んでもおkです。
荷物や上着の管理は電話番号で行われるので覚えておきましょう。
受け取るときは入力した番号の下4桁を入力します。

入館時に手荷物の中身をチェックしてもらいます。また、ペットボトル飲料は持ち込めません。

アプリでは日本語のオーディオガイドも

館内にはフリーWi-Fiがあり、普通にインターネットが使えます。
また、それを利用し、MoMAのアプリから、オーディオガイドを利用することもできます。
端末の貸し出しも行ってます。もちろん日本語対応。
f:id:d0nchan:20180224125850j:plain:w500
The Metropolitan Museum of Art - Google Play の Android アプリ

館内は撮影OK!

なんと館内は撮影OK!
さっそくTHETAでパシャリ。

MoMA #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

f:id:d0nchan:20180224130046j:plain:w500
f:id:d0nchan:20180224130058j:plain:w500
f:id:d0nchan:20180224130109j:plain:w500
カバーがかかっていない絵もありました。大丈夫なのか。
f:id:d0nchan:20180224130126j:plain:w500
日本人の作品もありました。

THETAで撮影していたら、ガードマンに「これはなに?」と聞かれました。
怒られるのかと思いきや、興味を持ってくれただけで、値段や仕組み自撮り棒について聞かれました。
こっちでは珍しいのかな?
あと、どうでもいいけどガードマンは黒人の方しかいませんでした。なんでだろう?

アクセス

場所はこちら

セントラルパークの少し南にあります。
[f:id:d0nchan:20180224130740j:plain:w500

開館時間

  • 毎日10:30~17:30

金曜日のみ20:00まで開いています。

小言

人生初めての美術館でした。
どこかで見たことのあるあの絵や、これがなぜ芸術なのかよくわからないものまで、広い敷地にたくさんの展示物があってゆっくり回ると丸一日かかりそうです。
展示エリアを出ると、お土産売り場が広がり、MoMAグッズから、MoMAに関係の無いNYグッズまで、非常に充実していました。

次はいつ美術館に行くかな。

いよいよ明日は日本に帰ります。朝7:00過ぎの電車に乗るために早起きしなければなりませんが、ホテルの外でサイレンやクラクションが鳴り響いて寝れない!!!(笑)